· 

仕事の時間

ワークゲイトでは、就職した後のイメージを体験していくために、仕事の時間を設けています。半日や一日のなかで、時には単調な作業が続くこともありますが、求められた作業を仕上げていくためには集中力は、とても重要になってきます。

 

現在、仕事の時間では

1人で最後まで責任をもって行う事務作業

   (系列事業所の伝票処理の作業や、給食数の確認作業等)

 

工程を経て、連携して完成させる作業

   (事業所通信、封筒作成、紙袋作成等)を行っています。

 

仕事の内容は、1人づつの特性や課題に合わせて、作業しています。

伝票作業は、日付ごとのファイリング、店舗ごとの集計、入力作業と単純なのですが、件数も多く慣れるまで時間がかかって行っていました。メンバーさんも慣れてきたようで、少しずつ、作業効率があがっています。

 

『わからないことがあれば質問する』

『次の工程の確認をする』

 

社会に出れば、報告・連絡・相談は多々求められることです。はじめは、いつ、誰に、声をかけていいのか、なかなか声をかけられないこともあり苦戦していましたが、仕事の時間を繰り返すうちに、作業する上で必要なコミュニケーションのトレーニングにつながってきています。

1人づつ、自分の行っている作業に自信を持てるようになり、集中力もUPしているようで、封筒や紙袋など丁寧に作成できるようになってきました。今では社内外で使用することも増えてきました。

いずれは販売できるような商品も作成できたらと思います。