発達障害特集

 

 

こんにちは。支援員の佐藤です。

5月21日日曜日から、NHKで1年かけて発達障害の特集をするそうです。
(詳しい放送時間はこちらをご覧くださいね)

1年という長いスパンに今回の企画は、気合いと本気を感じます。
この数年、メディアでも取り上げる事が増えたと思いますが、発達障害』という言
学校で、社会で、正しい理解が深まり、当事者である方達が生きやすい世の中になるきっかけになると良いと思います。
 
個人的な事になってしまいますが、
そういう私も、発達障がいの子どもがいます。
生まれた時から、親子でたくさんの壁にあたってきました。現在進行系ですが。。。
 
昨日、子どもが、このNHKの予告欄「小中学生の15人に一人」を目にして、「なんだ、いっぱいいるじゃん。自分だけじゃないんだ」と自分1人じゃないんだと安心していました。
 
そうです。きっと、まだ出会ってないだけ、いや?もしかしたら、あなたのすぐそばにいるあの人だって、凸凹なとことろはたくさんあるんだと思います。
 
『発達障害』の当事者や家族は、周囲の無理解で悩む場合も多いです。今回、NHKで一年かけて取り組むことで、少しでも『発達障害』の正しい理解が広まり、当事者や家族の『生きづらさ』に変化が感じられる事を願います。
 
『発達障害』のある人が感じやすい「困りごと」に対し、当事者の方や周囲の人がどう対処しているか、私も是非是非、今回の特集を参考に、さらに理解を深めていきたいと思います。