相模原市の就労移行支援事業所【WORKGATE】の特色

こんにちは、WORKGATE(ワークゲイト)スタッフの須川です。

2017年も時が過ぎるのが早いもので、もう5月ですね。

寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい時期なので身体を気遣いながら日々過ごしていきたいものです。

さて、今回の記事では改めてWORKGATEの特色と、スタッフの私の視点から見た魅力について書いていきたいと思います。

1.WORKGATE独自のカリキュラム

1-1 SST

SSTSocial Skills Training)は他の就労移行支援事業所もカリキュラムとして導入しているところも多いですが、WORKGATEでは、月曜日から金曜日の毎日1コマ以上、SSTの時間を設けているのが特色です。

一般就労を目指すにあたり、仕事は一人でするものではないので、対人スキルを重視して毎日SSTのカリキュラムを組んでいます。

座学はもちろんのこと、グループワークやゲームなどを通じて社会に通用する対人スキルの習得を目指し、スタッフ・メンバーともに取り組んでいます。

1-2 運動プログラム

運動プログラムはWORKGATE独自のカリキュラムで、実は他の就労移行支援事業所ではあまり導入はされていません。

現在、弊所では週2回運動プログラムの時間を設けています。

このカリキュラムは運動を通じてチームワークなどの社会性を伸ばす狙いがあり、SSTに通じるものがあります。

また、運動することにより一般就労に耐えうる体力の増強やリフレッシュ効果も期待しています。

2.障がいを持つスタッフから見たWORKGATEの魅力

今回、この記事を書いている私自身も障がいを持っていますが、今こうして就労移行支援事業所のスタッフとしで働いています。

WORKGATEのスタッフ・メンバーともに私の障がいを受け入れてくださり、毎日充実した日々を過ごしています。

 

私が就労移行支援事業所に一般就労したのは、私自身が就労継続支援A型支援事業所で働いていたときに、スタッフの方の手厚い支援のおかげで一般就労することができました。

その恩を返したく、施設区分は違いますが、私と同じ障がい者の方の一般就労を目指すお手伝いをしたいと思い、WORKGATEで支援員をさせていただいています。

 

障がいを持ちながら就労するということは正直大変な時もあります。

しかし、うまく自分の障がいと付き合いながらWORKGATEで楽しく働くことができています。

 

あなたもWORKGATEでトレーニングを積んで、障がいとうまく付き合いながら一般就労を目指しませんか?

WORKGATEではスタッフが一丸となってあなたの一般就労をサポートさせていただきます。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

電話番号:042-730-5315

 

以下のお問い合わせフォームもご利用ください。