失敗を次にいかすには~調理実習~

調理実習も回を重ねてきたので、だいぶ計画から実習までの流れがスムーズにできるようになってきました。毎回リーダーを決めて、作業の流れを確認していきます。

今回の調理の献立は

  1. 野菜と豚肉のみそ炒め
  2. ひじきの煮物
  3. 中華スープ
  4. 抹茶ゼリー

今回は、メンバーさんの実習が多く、なかなか全員そろって、話し合いの時間がもてなかったので、『共有する』ことに苦心していたようでした。

『報告・連絡・相談』がこんな場面でも、必要になってくるんですね。

今回は、買い物リストから材料が抜けていたものがあり、初めて、買い忘れがありました。

気づいたときは時は、時すでに遅く今回は、1品なしでの調理になりました。

 

今回は、『確認する』という作業の大事さも失敗の中から経験したのではないでしょうか。

 

自分が調理するメニューの中で担当を決めてやっていましたが、自分の作業している以外に、次は何をしたらよいか、手が空いたら何をすればよいか?という場面が多くみられました。

その都度、確認したり、相談したりしながら次の工程に進めるのも、コミュニケーションの練習になっていたようでした。

 

次は、この失敗をいかして、もう一度調理実習、チャレンジしたいです。

 

今回のメニューですが、味ははなまるです。とってもおいしく出来上がりました。

皆さんの自炊力UPしていると思います!!

 

 

 

 

 

職場体験実習

あっという間に梅雨も明け、夏らしい日が続いています。

今年は例年以上に暑い夏になりそうです。

 

そんな中で、支援学校から、高校2年生の男の子がワークゲイトに体験実習に来てくれました。

1週間の間に、通常のお仕事体験や調理実習などのカリキュラムをメンバーさんと一緒に体験していただきました。

 

はじめは、自分よりも年齢が上の人が多い中で緊張し、とまどっていたようでしたが、すぐにメンバーさんや職員とも積極的にコミュニケーションを取ったり、自分の趣味の話をしていました。

印象に残ったのは、現在通所しているメンバーさんに、将来どんな仕事を目指しているんですか?と興味深々に聞いていたことです。

この一週間の体験実習が、『自分は将来どこを目指していこうか?』と、自分の将来の夢を現実的に考えられるきっかけになっていたら嬉しいです。

 

ワークゲイトでは、これまでも、支援学校からの体験実習の相談を受け付けています。

近隣の複数の学校からすでに、何人も体験していただいています。

 

高校卒業後の進路に不安がある方、まだ進路が決まっていない方、就職や施設就労、進学等選択肢の中に就労移行支援も体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご相談、お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

最近のワークゲイト・・

こんにちは!!

梅雨の時期になりましたが、最近は暑い日が続いていますね・・・💦

メンバーの皆さんも、朝来た時の一声が「暑いです!」なんてことも時々あったり・・・。こまめな水分補給を心掛けないといけませんね。

 

最近のワークゲイトは、実習で忙しいメンバーさんが何人かいて、全員が揃うことがとても珍しくなってきています。実習では、働くために、会社の雰囲気を感じたり、実際に働いてみて大変さを知ったり、仕事の流れを理解したりと、とても良い経験をしている様で、すごく嬉しいです。

話を聞くと、嬉しそうに話をしてくれるので、私たちも嬉しくなってしまいます☺

実習の回数を重ねるごとに、どんどん自信がついてきている姿が見られるので、暑さに負けず引き継ぎ頑張っていってほしいです☺☺

 

カリキュラムでは、先月からワークゲイト通信の発行を、月に1回を目指し皆で取り組んでいます。皆で記事を一から考え、レイアウト、イラストなど時間をかけて一生懸命作成しています。封筒もメンバーさんが1から作った手作り封筒なので、皆で協力し作り上げる、とても大事な作業になっています😊

 

 

 

これから暑い夏が始まりますが・・・体調管理をしっかり行い、夏バテには気を付けて頑張っていきたいと思います☺

最後の・・・?調理実習

こんにちは!

日に日に暑くなってきましたね・・・

 

ワークゲイトでは29日に調理実習を行いました☺

・・・メンバーさんが実習に行ったりと忙しく、全員が集まることが難しくなってきていることもあり、今回で一旦調理実習を中断することになりました・・・

なので、みんな準備の段階から気合十分です!!

 

今回のメニューは・・・

○肉団子の酢豚

○肉じゃが

○野菜スープ

○ミルクプリン   です。

前回と同様、ワークゲイト内でのお昼の献立から予算内でメニュー決定をしました☺

 

最後の調理実習ということもあり、当日はみんな大活躍です。

今までに見たことのないくらい声を掛け合ったり、自分の役割をしっかりこなすことはもちろん、手が空いた時には他のメンバーさんの仕事を手伝うことまで皆が出来ていました!!

調理工程によって、使う場所の順番を決めたり、同時進行で洗い物もしたりと、スタッフが都度都度の声を掛けなくても自分たちで進めていく事も出来ました。

アクシデントにも冷静に対応し、今までの調理実習の成果をたくさん見ることが出来て、皆の成長がとても嬉しかったです☺

 

野菜スープは他の材料の余りで作ることになっていたので、レシピの用意をしていなかったのですが、すごく美味しくてびっくりです!

もちろん、酢豚・肉じゃが・ミルクプリンも、とても美味しかったです♪

 

皆で何回も話し合いをしないといけないことや、予算内に材料を収めることが難しいということ、皆が食べられるメニューにすることなど、調理を通じて皆が学んだことはとても多いと思います。

一旦調理実習は終わりますが、次回機会があった時に皆が学んだことを覚えていてくれたら、すごく嬉しいです☺

 

美味しい料理をたくさん有難うございました☺♪

続きを読む

仕事の時間

ワークゲイトでは、就職した後のイメージを体験していくために、仕事の時間を設けています。半日や一日のなかで、時には単調な作業が続くこともありますが、求められた作業を仕上げていくためには集中力は、とても重要になってきます。

 

現在、仕事の時間では

1人で最後まで責任をもって行う事務作業

   (系列事業所の伝票処理の作業や、給食数の確認作業等)

 

工程を経て、連携して完成させる作業

   (事業所通信、封筒作成、紙袋作成等)を行っています。

 

仕事の内容は、1人づつの特性や課題に合わせて、作業しています。

伝票作業は、日付ごとのファイリング、店舗ごとの集計、入力作業と単純なのですが、件数も多く慣れるまで時間がかかって行っていました。メンバーさんも慣れてきたようで、少しずつ、作業効率があがっています。

 

『わからないことがあれば質問する』

『次の工程の確認をする』

 

社会に出れば、報告・連絡・相談は多々求められることです。はじめは、いつ、誰に、声をかけていいのか、なかなか声をかけられないこともあり苦戦していましたが、仕事の時間を繰り返すうちに、作業する上で必要なコミュニケーションのトレーニングにつながってきています。

1人づつ、自分の行っている作業に自信を持てるようになり、集中力もUPしているようで、封筒や紙袋など丁寧に作成できるようになってきました。今では社内外で使用することも増えてきました。

いずれは販売できるような商品も作成できたらと思います。